アンティーク・ボタニカルアート 博物画 古書 稀覯本の専門店
アンティーク・ボタニカルアート(ルドゥーテ、カーティスなど)と博物画&稀覯本専門店
ホーム - マイアカウント - お問合せ - プライバシーポリシー - お支払い方法について - 配送方法・送料について - 特定商取引法に基づく表記

TOP > Children's Illustration 絵本の挿絵 絵本 > アンティーク絵本 - ピーターラビット全お話し集 > 『ひげのサムエルのおはなし』


|『ひげのサムエルのおはなし』




"The Tale of Samuel Whiskers"

Beatrix Potter

ヘレン・ビアトリクス・ポター著

1950年 ロンドン フレデリック・ワーン社刊行


こちらは、1908年から出版されたピーターラビットシリーズの著者、ビアトリクス・ポター作のシリーズでイギリスでたいへん人気があります

こちらは、1919年の重版本です

イギリスの女の子が大好きなシリーズです






































本サイズ:縦14.3僉濂11僉75ページ 厚さ0.8
装丁:カバー付き
状態:きれいです



初期の子供の本のため劣化はご了承ください



あらすじ
猫のタビタ・トウィチットがパンを焼く間悪戯されないように三匹の子供たちを押入に入れる事にした。
しかしトムを捜している内にモペットとミトンが鍵の掛かっていなかった押入から出てきて台所の練り粉をいじり始める。
そこにタビタのいとこのリビーが玄関のドアを叩く音が聞こえてきたので、驚いた二人は小麦粉の樽と牛乳置き場にあった空の壺の中に隠れた。事情を話したタビタとリビーは一緒にトムを捜し始める。
その途中でモペットとミトンを見つけると、子供たちは年寄りのねずみが練り粉・バター・麺棒を盗んでいったと話す。屋根裏部屋を捜した時に床下から何かを転がしているような音がしていたのを思い出したタビタとリビーは犬の大工のジョンを呼ぶことにした。
トムに何があったかというと、押入に入るのを嫌がって逃げ出したトムは隠れ場所を探して暖炉から煙突を登っていき、その途中で屋根裏部屋の床下に迷い込む。
そしてそこに住んでいたねずみの夫婦のひげのサムエルとアナ・マライアに捕まり、猫まき団子にされることになった。道具と材料を盗んできたねずみ達が麺棒を使ってトムを包んだ練り粉の形を整えているところで大工のジョンが床板を鋸で切り始めたので、ねずみ達はトムを置いて逃げ出し、以前盗んだものをまとめて引っ越していった。
その日タビタはトムを包んでいた煤だらけ(トムが煙突を通っていたため)の練り粉で干し葡萄入りの茹で団子を作り、昼食に出した。
サムエルとアナ・マライアの引越し先は農家の納屋で、その後この納屋はサムエル夫婦の子孫たちによってひどく荒されるようになる。
成長した三匹の子供たちの内、モペットとミトンはねずみを捕るのがとても上手くなり、ネズミ捕りで生計を立てるようになった。
しかしトムは「余程小さなものでもなければ」いつまで経ってもねずみを怖がった







ヘレン・ビアトリクス・ポター
Helen Beatrix Potter
1866年 - 1943年
ピーターラビットの生みの親として知られるイギリスの絵本作家
ヴィクトリア時代の上位中産階級に生まれ、遊び相手も少ない孤独な環境で育つ
教育は家庭で行われ生涯学校に通うことはなかった
幼いころから絵を描くことを好み、多くのスケッチを残している
さまざまな動物をペットとして飼育し、キノコにも興味を持ち学会に論文を提出したこともあった
絵本作家としての原点は、1902年に出版された『ピーターラビットのおはなし』で、これは元家庭教師の子どもに描いて送った手紙が元になっている
39歳で秘密の婚約をするが、わずか1ヵ月後に婚約相手(ノーマン・ウォーン このシリーズの出版社家族の末息子)が白血病で死去する
その後、たびたび絵本にも登場する湖水地方において念願の農場を手に入れ、47歳で結婚した
結婚後は創作活動も少なくなり農場経営と自然保護に努めた
死去後、遺灰はヒル・トップに散骨されている






ピーターラビットの絵本シリーズ
『ピーターラビットのおはなし』(The Tale of Peter Rabbit, 1902)
『りすのナトキンのおはなし』(The Tale of Squirrel Nutkin, 1903)
『グロースターの仕たて屋』(The Tailor of Gloucester, 1903)
『ベンジャミンバニーのおはなし』(The Tale of Benjamin Bunny, 1904)
『2ひきのわるいねずみのおはなし』(The Tale of Two Bad Mice, 1904)
『ティギーおばさんのおはなし』(The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle, 1905)
『パイがふたつあったおはなし』(The Tale of the Pie and the Patty-Pan, 1905)
『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』(The Tale of Mr. Jeremy Fisher, 1906)
『こわいわるいうさぎのおはなし』(The Story of A Fierce Bad Rabbit, 1906)
『モペットちゃんのおはなし』(The Story of Miss Moppet, 1906)
『こねこのトムのおはなし』(The Tale of Tom Kitten, 1907)
『あひるのジマイマのおはなし』(The Tale of Jemima Puddle-Duck, 1908)
『ひげのサムエルのおはなし』(The Tale of Samuel Whiskers, 1908)[註釈 13]
『フロプシーのこどもたち』(The Tale of the Flopsy Bunnies, 1909)
『ジンジャーとピクルズやのおはなし』(The Tale of Ginger and Pickles, 1909)
『のねずみチュウチュウおくさんのおはなし』(The Tale of Mrs. Tittlemouse, 1910)
『カルアシ・チミーのおはなし』(The Tale of Timmy Tiptoes, 1911)
『キツネどんのおはなし』(The Tale of Mr. Tod, 1912)
『こぶたのピグリン・ブランドのおはなし』(The Tale of Pigling Bland, 1913)
『アプリイ・ダプリイのわらべうた』(Appley Dapply's Nursery Rhymes, 1917)
『まちねずみジョニーのおはなし』(The Tale of Johnny Town-Mouse, 1918)
『セシリ・パセリのわらべうた』(Cecily Parsley's Nursery Rhymes, 1922)
『こぶたのロビンソンのおはなし』(The Tale of Little Pig Robinson, 1930)
その他の本
『ピーターラビットのぬりえ帖』(Peter Rabbit's Painting Book, 1911)
『こねこのトムのぬりえ帖』(Tom Kitten's Painting Book, 1917)
『あひるのジマイマのぬりえ帖』(Jemima Puddle-Duck's Painting Book, 1925)
『ピーターラビットのアルマナック』(Peter Rabbit's Almanac for 1929, 1928)
『妖精のキャラバン』(The Fairy Caravan (1929)
『妹アン』(挿画:キャサリン・スタージス)(Sister Anne, 1932)
『ふりこのかべかけ時計』(Wag-by-Wall, 1944)
『はとのチルダーのおはなし』(挿画:マリー・エンジェル)(The Tale of the Faithful Dove, 1955)
『ずるいねこのおはなし』(The Sly Old Cat, 1971)[註釈 14]
『2ペンス銅貨のおはなし』(挿画:マリー・エンジェル)(The Tale of Tuppenny, 1973)






型番 PISERSB2
販売価格 7,000円(税込7,560円)
購入数




この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
|商品検索

|商品カテゴリー





|カート
カートの中を見る
初めてのお客様へ


オーナーブログ
新入荷商品のご紹介や児童書「ルドゥーテ物語」「小さなバレリーナ」などの翻訳連載やイギリスの古書事情などほぼ毎日ブログ更新中!!



こんにちは
ジェイ・ジェフリープリント・
ギャラリーの店主ジェフリィと申します。
こちらは、ネット販売専門店です。

アポイント オンリーのコレクション サロン
(2019年10月1日オープン)をコレクター様や業者様向けにご用意しています。
ご予約、お問い合わせはこちらまで jjefferyprint@gmail.com

ショールーム詳細はこちらです

ロンドンの家系から引継いだコレクションから始り、アメリカなどから買い付けた古書や図譜の販売をしております。


ショップ略経歴



お客様からのお声
口コミ



こちらのコレクションは、
ストックフォト集

フローリリージスにて取扱中です。
図譜画像のお貸出しや画像の販売をしています。
以下のフォトライブラリーにも出品中です。






alamy





イギリス在住の古書修復専門家による稀覯本の修理も手がけております。お手持ちも本もご相談ください。


現在、額装、額販売は中止しております。
✿卸売り・展示会について✿
アンティーク・ギャラリー様や自分のお店でぜひボタニカルアートの商材を!という方はメールまたは FAXでご連絡をお願い致します。 jjefferyprint@gmail.com  FAX:03-6912-9144


✿取材問い合わせ✿ jjefferyprint@gmail.com  FAX:03-6912-9144
旅行口コミ評判
無限力源大光源無限力源大光源無限力源大光源無限力源大光源無限力源大光源





RSS
ATOM


ボタニカルアートとは
ボタニカルアートの歴史
石版画(リトグラフ)の作り方
博物画とは
各図譜の詳細1 A-M
各図譜の詳細2 N-Z


Top Page

Top Pageへ戻る

バーコード